さまざまな家族の形を綴った「木陰の物語」を読み
「私の場合はこう、私はこう思う」と感じたことを書き込んでください。
この場が家族を学ぶきっかけになれることを願っています。

戻るべき場所

『家族の練習問題 1 ~木陰の物語~』 に収録(P102〜) 購入はこちら

お話を読んだ感想や、あなた自身の物語をお寄せください

コメントはこちらから

* が付いている欄は必須項目となります。

内容*

任意
任意

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

投稿規約

1 件のコメント

  1.      
    ポット さん   40代

    古い町で民宿件シェアハウスで暮らす娘から、古いお隣さんである向こう三軒両隣は同じ夕飯のメニューになるという話を聞いた。食べきれないくらいたくさん作って、「食べきれないから食べよし」と届けにくると言う。今の時代にそんな時間を過ごせているとは、ありがたいと思うとともに、自分を顧みて今ここで何ができるか考えてしまう。