お知らせ ホンブロックからのご案内です

先週より、宇都宮各書店にて新刊 「コンビニエンス社会の子育て論 家庭の文化がつくる幸せのループ」を店頭にて
扱いいただいております。

このたび取り扱いいただいている、
ビッグワンTSUTAYA宇都宮竹林店様にて、
【「幸せのループ」発刊記念イベント】子育てミニトークカフェ開催します!

 


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

宇都宮にあるまこと幼稚園園長 山村達夫先生
子育てミニトークカフェ&新刊サイン会


【入場無料!】【お子さま連れOK!】

 

宇都宮にあるまこと幼稚園の園長先生を囲んで、
子育てにまつわるミニトークカフェを開催します。
先生の子育て論を聴いたり、子育て相談ができたり、
「家でもできる科学遊び」もご紹介。
子育ての考え方がちょっと変わる、
小さなヒントを見つけていただけるかも知れません。
土曜の昼下がり、お子さまとご一緒に、ご家族で、どうぞ遊びにいらしてください。

 

 

▶日 時:2013年6月8日(土)14:00~15:00
(14:00〜子育てミニトークカフェ / 14:45〜サイン会)

場 所:ビッグワンTSUTAYA宇都宮竹林店 エクセルシオールカフェ
→【店舗情報はこちら】 

定 員: 50名

 

【予約お申込み・お問合せ】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
TEL. 028-616-1808
FAX 028-616-1809
※お名前/ご住所/電話番号/参加人数をご記入の上、ファックスください

ビッグワンTSUTAYA宇都宮竹林店
宇都宮市竹林町549番地1担当:金崎・山藤
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

カテゴリー:news

日経BP社から発行されている「日経Kis+[キッズプラス]心の教育」に、
団士郎さんのインタビュー記事とともに、
「好きになる力」のお話を掲載していただきました。

「好きになる力」は、
「家族の練習問題 〜木陰の物語〜1巻」に収録されています。

本雑誌では「現実を突破するのは情熱である『好きになる力』は子どもの将来を左右する」
というお話とともに、展開されています。

 
「好きになる力」は、
動画でみる木陰の物語のアニメーションでも展開していますので、こちらでもご覧くださいませ。

カテゴリー:news

新刊のお知らせ

ホンブロックより新刊のお知らせです!

「コンビニエンス社会の子育て論 家庭の文化がつくる幸せのループ」

著者:山村達夫

子育てに対する考えがちょっと変わる、 小さなヒントがたくさん詰まった一冊です。

詳細はこちら↓

http://www.honblock.net/books/index.html 

2013年6月1月より、書店、インターネット書店にて購入できます。
なお、先立ちまして本日5月20日(月)から宇都宮市内の下記店舗の書店店頭にならびます!
下記書店へはどうしても足をはこべない場合は、最寄りの書店からの予約注文(書店によって異なる場合があります)、
インターネット書店からの予約注文は受け付けておりますので、お問い合わせください。

<先行取扱書店一覧>
・うさぎや作新学院前店
・うさぎや鶴田店
・うさぎや戸祭店
・うさぎや東簗瀬店
・落合書店 宝木店
・落合書店 ララスクエア店
・落合書店 イトーヨーカドー店
・落合書店 東武ブックセンター
・紀伊国屋書店 宇都宮店
・くまざわ書店 アピタ宇都宮店
・TSUTAYA 宇都宮竹林店
・TSUTAYA 宇都宮インターパーク店
・TSUTAYA 江曽島店
・TSUTAYA 鹿沼店

 

 

カテゴリー:news

 

ホンブロックの本「家族の練習問題〜木陰の物語〜1〜4巻」の
著者 団士郎さんの新連載のお知らせです。

 

 

小学館から発行している「edu [エデュー]」の3月18日発売の5月号から、

団士郎さんの連載「家族の風景」が始まりました。
初回は「上手くいく親、いかない親」。

 

 

コミックエッセイとはまた違った味わいで、じんと沁みてきます。

 

ひとつ前の号、2月18日発売の4月号では、
「子どもの自立は夫婦(=父母)で決まる」というタイトルで、
7ページにわたり、特集されています。
こちらでは、eduのためのコミック・エッセイでの
新作描きおろし「旅立ち」 も掲載されています。


 

 

 

こちらも是非、お手に取ってご覧頂けたら幸いです。

カテゴリー:news

 

9月にスタートした「“木陰の物語”届ける!プロジェクト」ですが、
たくさんの方々のご協力おかげで、予定していた1万冊の配布を終了することができました。

プロジェクトにご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!!
1万人の方々に、本冊子を手にしてもらえたことを改めて嬉しく思います。
今後とも「木陰の物語」を応援して頂けたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。

カテゴリー:news

団士郎 木陰の物語「家族漫画展」が京都で開催されます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

団士郎 木陰の物語「家族漫画展」

日時:2013年1月18日(金)〜2月17日(日)
8:30〜20:00展示期間中無休

場所:立命館大学朱雀キャンパス (JR二条駅前・大学本部ビル ロビー)
京都市中京区西ノ京朱雀町1
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

広いロビースペースにカラー化したB1サイズのパネルがならびます。

図録として、特別小冊子「木陰の物語—追憶の一歩-」を受け取っていただけます。

お近くにお越しの際は、ゆっくりとご覧頂ければ幸いです。

→展示終了しました。お越し頂いたみなさま、
お気にかけていただいていたみなさま、関係者みなさま、
ありがとうございました。

カテゴリー:news

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

ホンブロックの2013年は、二冊の新刊を刊行予定です。1冊は3月に発刊す
る、栃木県にあるまこと幼稚園の園長先生と編んでいる「おもしろ子育て本」。
もう1冊は夏までにはと考えている「家族の練習問題5」です。

「木陰の物語“届ける”プロジェクト」も、残数わずかとなりましたが、続けてい
きたいと思います。年末にはラジオ福島で大々的に取り上げていただきました。
また、2月にはいろいろと協力関係にある立命館大学を主会場に「木陰の物語パ
ネル展」が開催されます。

昨年から始めたフェイスブックツイッターでも、色々と発信していきます。よ
かったらフォローください。

昨年から取り組んでいる、「木陰の物語」のアニメーションも、昨年に引き続き、
第6話を早速、YOU TUBEのホンブロックチャンネルにアップロードしました。こちらもご覧頂ければ幸いです。
本のカタチとはまた違った味わいになるのだなあと、新しいお話をみる度に発見があります。
皆様にとって良い一年になることを、心より祈念いたします。

 

→【HONBLOCK facebookページ
→【ホンブロッくんのつぶやき
→【YOU TUBE ホンブロックチャンネル

カテゴリー:news

各会場にて「木陰の物語-追憶の一歩-」を配布させて頂きます。
お近くの方、お時間がありましたらぜひお立ち寄り下さい。

■むつ →おかげさまで無事終了いたしました。
期間:9月3日(月)~9日(日)
場所:むつ市立図書館
住所:青森県むつ市中央二丁目3-10
※本冊子は会場に少し残っていますので、来館して申し出ていただければお渡しいたします。

■仙台 →おかげさまで無事終了いたしました。
期間:10月1日(月)~6日(土)
開館時間: 9:00~21:00(最終日は~15:00まで)
場所:エル・ソ―ラ仙台28階フロア
住所:宮城県仙台市青葉区中央1 丁目3-1 アエル28 階
※下記の日程で講演会を行います。
10月6日(土)10:00~12:00
エル・ソ―ラ仙台 大研修室

■大船渡
期間:2012年10月22日(月)~11月3日(土)
開館時間: 9:00~21:30(初日は午後のみ、最終日は午前中のみ)
場所:大船渡市民交流館 カメリアホール1階 展示ホール
住所:岩手県大船渡市盛町字内の目4番地2
※土曜日に講演会開催予定。
開催時間など詳細は未定のため、改めて告知させて頂きます。

■福島
期間:2012年11月27日(火)午後~12月2日(日)
場所:チェンバ大町
住所:福島県福島市大町4-15
※2日(土)に講演会開催予定。
開催時間など詳細は未定のため、改めて告知させて頂きます。

カテゴリー:news

被災支援の一環として始めた木陰の物語特別版の第2巻「木陰の物語-追憶の一歩-」を、発行しました。
昨年に引き続き、今年も東北で開催する「木陰の物語」展覧会会場にて配布させて頂いています。昨年刊行した第1巻は、主に幼稚園や保育園、児童相談所や子育て支援施設経由で配布させて頂きました。

第2巻は、加えて読者の皆さまにも応援いただけないかと考え、このプロジェクトをスタートさせました。
「そういえばあの人に…」「これが何かのきっかけになれば…」「私の気持ちを添えて」等。
冊子は10冊単位でご指定のご住所にお送りします。送料は弊社にて負担します。

プロジェクトへのご参加、よろしくお願いします。

 

■プロジェクト参加方法のご案内■
(1)下記のいずれかの方法で、ホンブロックへご連絡ください。
【メール】
当社HP内の問い合わせフォームに、件名に「届ける! プロジェクト」、本文にお名前、郵便番号、ご住所、お電話番号、必要冊数をご記入のうえ送付してください。
問い合わせフォーム→
【Facebook】
Facebookページの「届ける!プロジェクト」のウォールに、「プロジェクト参加希望」と書きこんで下さい。こちらよりメッセージにてご連絡します。
もちろん直接メッセージをお送り頂いても大丈夫です。
プロジェクトのFacebook ページ→
(2)ホンブロックから、ご連絡します。1週間だっても連絡が来ない場合は、未達の可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。
(3)お手元に“木陰の物語”が届きます。受付完了から1~2週間程度お時間を頂きます。
(4)あなたの周りの大切な方々へ“木陰の物語”をお渡し下さい。

カテゴリー:news

より多くの人に届くように…。

ホンブロックの想いを込めて、
アニメーションという媒体でも配信をはじめました。
以下、メッセージです。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

木陰の物語は、「家族の練習問題」として2006年に1冊目を発刊して以来、これまで4冊をリリースしてきました。小さな出版社であり、また流通網も限られているため、爆発的に売れると言うことはありません。しかしながら、いまもなお、少しづつ売れ続け、また、手に取って下さった方からのレスポンスが途絶えることはありません。そこに込められたメッセージは、世代を超え、届いているのだと思います。

私はもともと、出版社をしたいわけではありませんでした。以前より、幼稚園や保育園の環境作りのお手伝いをしています。その仕事を通じ、園の支援にとどまらず、私なりに「保護者の子育て支援」ができないかと考えたのが、はじまりでした。結果的に「出版」という方法を採用したのです。

「家族と子どもを思う出版社」というキャッチフレーズは、そんな想いを込めたものです。既刊本は、いずれもその想いに通じる著者と作り上げたものであり、流行を追ったものではないため、絶版にはしないと決めています。

「木陰の物語」は、たくさんの人の助けによって、アニメーションになりました。アニメーションにした理由は、より多くの人に届く可能性が高まるからです。現在「木陰の物語」は定期刊行誌で連載される以外に、全国の幼稚園・保育園の園だよりに連載していただいています。多くの園長先生が、メッセージに共感し、保護者に届けることに協力くださっています。本当にありがたいことだと思います。

アニメーションができたことで、またひとつ、届けるチャンネルが増えました。子育て渦中におられる方、終えられた方、これから子育てをされる方、みなさんに届けたいのは「子育ては楽しい」「家族サイコー!」の想いです。一話一話で展開される出来事は違っても、根底に流れるメッセージは不変です。どうぞ楽しくご覧ください!

 

 

ホンブロック 発行人
団遊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

木陰の物語のアニメーション「ホンブロックチャンネル」はこちらから↓
https://www.youtube.com/user/honblockun

 

木陰の物語「歩道で」

カテゴリー:news