さまざまな家族の形を綴った「木陰の物語」を読み
「私の場合はこう、私はこう思う」と感じたことを書き込んでください。
この場が家族を学ぶきっかけになれることを願っています。

『わが子が小学校に上がる前に読みたい「木陰の物語」』 に収録
購入はこちら

お話を読んだ感想や、あなた自身の物語をお寄せください

コメントはこちらから

* が付いている欄は必須項目となります。

内容*

任意
任意

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

投稿規約

1 件のコメント

  1.      
    カメラ さん   その他 50代

    記録的な大雪が降った日、夜遅くなってバイト先から帰りたいと泣きべそをかきながら電話があった。車は動かせなさそうな積雪で、終バスには間に合わない時間。タクシーもストップしているらしい。歩きなら迎えに行けると思い、帰っておいでと伝え、駅に到着する時間を確認しました。うちから駅まで歩いて30分。雪用装備を身につけ、真っ白な道を落語を聞きながら元気よく闊歩。娘はまさか歩いて迎えに来るとは思っていなかったと繰り返し言っていました。「駅」を読んで、このことを思い出しました。