「木陰の物語」を読んだ感想や、あなた自身の物語をお寄せください。
「木陰の物語」が、どこかの誰かの背中を押すように、
あなたの言葉に勇気づけられる人が、世の中にきっといます。

花嫁

『家族の練習問題 2 ~木陰の物語~』 に収録(P194〜)
購入はこちら

動画で見る

お話を読んだ感想や、あなた自身の物語をお寄せください

コメントはこちらから

* が付いている欄は必須項目となります。

内容*

任意
任意

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

投稿規約

1 件のコメント

  1.      
    ロックスター さん   父親 40代

    この話は、誰を主人公として見るかで、本当に色々と感じることがり、大好きな話です。
    まずは彼女の強さ。果たして自分は、このように強く生きれているだろうか。
    そして「本当の父母だと思いなさい」といった義理の父母。自分の人生にそういった巡り合わせが来た際には、せめてこの義理の父母のような振る舞いいはできるようになっていたいと思う。
    最後に、吹き出しそうになりながらも、「自分に本当のことは分からない」と顧みた援助者。「あなたの気持ちの本当のところはわからない」そこから援助が始まるのだということに、言い換えれば、分からなくても助けることができるということに、深いプロフェッショナルを感じる――。
    とても味わい深い話で、何度も何度も噛み締めて読んでいます。